FC2ブログ

8匹の猫とルームシェア

千葉県松戸市にある ラグドール キャッテリー ローズパールのブログです。

Entries

立川談志師匠似?

ルビィーです。

姉は、いつも 「 ルビィは、腕を組んだ立川談志(さん)に似てる 」 と言います。

「 ほら見てよ、そっくりだから。 」って、撮った写真を送って来ました。
DSC_0199_convert_20141217124758.jpg
ルビィの後ろにいるのは、ママのジュエルさんです。

似てるかね~ 

似てないと思うけどね 

それよりも、この写真やけに耳が大きいんですけど 

確かに少し大きめではありますが、実物はここまで大きくはありませんよ。



 チョコレート、ライラックのラグドールに関して  

アメリカのチョコレートに関しては、トラディショナルカラー( ブルー、シール )に
近づいていて完成されつつあるようですが、
私たち仲間で繁殖しているチョコレート、ライラックはまだまだ発展途上です。

ラグドールにチョコレート、ライラックのカラーを導入するために
アメリカでは、バーマンから(が多いのかな)
オーストラリアでは、バリニーズ ( 長毛のシャム ) から遺伝子を導入しています。

我が家のチョコレート、ダイリュート( ライラック )の遺伝子を持つ子達は、
オーストラリアの血筋です。
そのため、耳の大きさ、コートのボリュームなど、ブリードの課題があります。

課題はありますが、
シールキーなコートは、本当に素晴らしいですし、
日本のラグドールが持つ気品とはまた違った優雅さがあるように思います。
胴が長く、尻尾が長い ( ジュエルさんの子は、こういうタイプの子が多いです。 )
日本人のフレンドリーと言うより、外国人のフレンドリーに近いフレンドリーさ
 ( ダイアナさん、シリウスくんのフレンドーリーさには感動しました。 ) 等、
良いところもたくさんあります!

ブルーやシールのラグドールと一緒にチョコレートやライラックの子と暮らすと
違いがよく分かると思います。

ラグドールと暮らしたい。とご検討されていらっしゃる方、
チョコレートやライラックの子はいかがでしょうか?
現在のチョコレート、ライラックの子と、
あと3年、5年先のチョコレート、ライラックの子とはまた違ってくると思いますので、
時期をずらして2頭お迎えもいいと思います。

チョコレート、ライラックを繁殖されているブリーダーさんはまだ少ないですが
ニューカラーと呼ばれている、チョコレート、ライラックのラグドールに
ぜひ興味を持っていただけたらと思います 


海外では、ブルーよりもシールの方が人気があり、
同じように、ライラックよりもチョコレートの方が人気があるそうです。

日本では、シールよりもブルーの方が人気があるようですから
チョコレートよりもライラックの方が人気が出るかもしれませんね。

ウチには、ライラックの子がいないので、
生まれたら残して( また残すんかい!って言わないでね  )、
成長を見ていただきたいと思っています。

実際、見ていただかないことには、好きも嫌いもなんとも言えないと思うので  


アメリカのチョコレート、ライラック、 オーストラリアのチョコレート、ライラックとは
また少し違った、日本のチョコレート、ライラックが出来上がるといいですね~。


ルビィの耳から、こんなに大きく脱線してしまいました 

タイトルと内容も合わなくなっちゃった 



いつも応援ありがとうございます  
にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村
関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム